東京都目黒区中目黒の脳神経外科 内科 頭痛の専門クリニック なかめぐろ脳神経外科・内科 頭痛クリニック|めまい 不眠

東京都目黒区中目黒の脳神経外科 内科 頭痛の専門クリニック なかめぐろ脳神経外科・内科 頭痛クリニック

東京都目黒区中目黒の脳神経外科 内科 頭痛の専門クリニック なかめぐろ脳神経外科・内科 頭痛クリニックの診療時間は(月・火・水・金)10:00~13:30 15:00~19:00 土曜10:00~14:30 休診日:木曜・日曜・祝日

日比谷線/東横線
中目黒駅より徒歩2分

目黒区中目黒の脳神経外科 内科 頭痛の専門クリニック なかめぐろ脳神経外科・内科 頭痛クリニックの電話番号03-5734-1785

目黒区中目黒の脳神経外科 内科 頭痛の専門クリニック なかめぐろ脳神経外科・内科 頭痛クリニックはインターネットからご予約が可能です

肩こりと首こりの状態

頭痛との関連は肩こりではありません

首の筋肉

頭痛の要因としてよく肩こりが挙げられます。

頭痛があるのでマッサージで肩をほぐしてもらう・・・など殆ど肩こりが中心に考えられます。

実は頭痛との関連は肩こりではありません。

関連する筋肉は後頭下筋群と頭・頚板状筋、頭に近い上部僧帽筋です。

肩こりは下部僧帽筋の緊張を意味します。

これらの筋肉は頭を支える上で非常に重要であり負担がかかっています。

前屈位(頭を前に下げる)になるとこれらの筋肉は頭を支えるために一層頑張らなければなりません。

反対に後屈位(頭を後ろに)ではこれらの筋肉は緩んできます。

自分で触りながら前屈。後屈をしてみると緊張と緩みが確認できると思います。

頭はどれくらい重い?

頚部の傾きと頚部への負荷

頭の重さは約5kgあります。これは頭の位置が真っ直ぐに保たれている時です。

これが直接首への負担となります。

ここで、前屈したとき角度によって実質的な重さが変わるというデータをご紹介します。

皆さんは殆どスマートフォンを使用されているのではないでしょうか?それを見ている時の姿勢です。

通常5kg前後であった負担は角度15度では12kg、角度が大きくなるにつれ重さの負担が大きくなり60度では30kg近い重さが首への負担となります。

スマートフォンの使用だけでも首こりの大きな要因となるのです。

コラム
頭痛の分類
頭痛は首から
片頭痛の起こり方
肩こりと首こりの状態
首こりの要因
首こりとふらつき、めまい
低血糖と低血糖症
低血糖症と自律神経
低血糖症と頭痛、首こり
低血糖症とだるさ/眠気
低血糖症と不眠、不安感、物忘れ
鉄欠乏と自律神経
鉄欠乏について
鉄欠乏と自律神経
鉄欠乏と痛み
むずむず脚症候群と鉄不足
マグネシウム不足と片頭痛
頭痛が女性に多い理由
頭痛とうつ
片頭痛の予防としての食事療法
フードアレルギーと片頭痛

このページの先頭へ戻る