東京都目黒区中目黒の脳神経外科 内科 頭痛の専門クリニック なかめぐろ脳神経外科・内科 頭痛クリニック|めまい 不眠

東京都目黒区中目黒の脳神経外科 内科 頭痛の専門クリニック なかめぐろ脳神経外科・内科 頭痛クリニック

東京都目黒区中目黒の脳神経外科 内科 頭痛の専門クリニック なかめぐろ脳神経外科・内科 頭痛クリニックの診療時間は(月・火・水・金)10:00~13:30 15:00~19:00 土曜10:00~14:30 休診日:木曜・日曜・祝日

日比谷線/東横線
中目黒駅より徒歩2分

目黒区中目黒の脳神経外科 内科 頭痛の専門クリニック なかめぐろ脳神経外科・内科 頭痛クリニックの電話番号03-5734-1785

目黒区中目黒の脳神経外科 内科 頭痛の専門クリニック なかめぐろ脳神経外科・内科 頭痛クリニックはインターネットからご予約が可能です

低血糖と低血糖症

低血糖

『低血糖』は一般的に治療が必要とされる血糖値が50mg/dlを下まわるような状態をさします。

インスリノーマというインスリン分泌腫瘍の存在や糖尿病の患者さんが血糖降下剤の服用やインスリン注射の使用などの合併症などでみられます。

低血糖症

一方の『低血糖症』とは食後の高血糖やのちの急激な血糖降下または変動、低血糖に伴った様々な自覚症状が出現する状態を指します。

実は私を含めた多くの人が食後の血糖は不安定で(食べるものに影響あり)食後3−5時間くらいで食前よりも血糖が低下してしまっているのです。

食事と血糖値の関係

随時血糖検査

ここで以前の私自身のデータですが、随時血糖測定の結果をご紹介します。

約2日半お腹に血糖測定器をつけ食事による血糖変動を調べました。あえていろいろなものを食べています。

通常、食後は血糖値のピークは1時間で140mg/dlを超えない程度であり、3時間以降は食事前(空腹時)の血糖値に戻るのが理想的と言われます。

最初の食事でカレーライスを食べていますが、食後の血糖上昇がさほど問題無いようなのですが、その日の夜間の睡眠中は血糖値は60mg/dlを切っています。

またそれ以後の炭水化物を摂った後の血糖値の上昇は大きく、その後は睡眠時の血糖は下がっています。

反対におかずのみ摂った後の血糖上昇はみられません。

このように食事の炭水化物(糖質)の量、摂るタイミングによって血糖の変動が大きくなります。

このようなことは皆さんにも起こっている可能性があるのです。

低血糖の症状

脳にとっての主要なエネルギー源はブドウ糖(グルコース)です。身体全体の約20%の糖が脳で必要となります。

十分な糖の供給がない場合(低血糖)では脳機能低下による眠気、怠さ、集中力低下、めまいなどの症状が出現します。

日中でもこれらの症状がみられる場合は、血糖の変動による脳のエネルギー供給が不安定である可能性があります。

コラム
頭痛の分類
頭痛は首から
片頭痛の起こり方
肩こりと首こりの状態
首こりの要因
首こりとふらつき、めまい
低血糖と低血糖症
低血糖症と自律神経
低血糖症と頭痛、首こり
低血糖症とだるさ/眠気
低血糖症と不眠、不安感、物忘れ
鉄欠乏と自律神経
鉄欠乏について
鉄欠乏と自律神経
鉄欠乏と痛み
むずむず脚症候群と鉄不足
マグネシウム不足と片頭痛
頭痛が女性に多い理由
頭痛とうつ
片頭痛の予防としての食事療法
フードアレルギーと片頭痛

このページの先頭へ戻る