東京都目黒区中目黒の脳神経外科 内科 頭痛の専門クリニック なかめぐろ脳神経外科・内科 頭痛クリニック|めまい 不眠

東京都目黒区中目黒の脳神経外科 内科 頭痛の専門クリニック なかめぐろ脳神経外科・内科 頭痛クリニック

東京都目黒区中目黒の脳神経外科 内科 頭痛の専門クリニック なかめぐろ脳神経外科・内科 頭痛クリニックの診療時間は(月・火・水・金)10:00~13:30 15:00~19:00 土曜10:00~14:30 休診日:木曜・日曜・祝日

日比谷線/東横線
中目黒駅より徒歩2分

目黒区中目黒の脳神経外科 内科 頭痛の専門クリニック なかめぐろ脳神経外科・内科 頭痛クリニックの電話番号03-5734-1785

目黒区中目黒の脳神経外科 内科 頭痛の専門クリニック なかめぐろ脳神経外科・内科 頭痛クリニックはインターネットからご予約が可能です

低血糖症と自律神経

低血糖は脳をはじめ身体のエネルギーが低下している状態です。

特に脳は全体の約20%のエネルギーを必要としています。

低血糖では脳のエネルギー不足という危険な状態であり、身体的なストレス状態にあります。

これを回避するために自律神経が調整にかかります。

血糖をあげるホルモン

このとき血糖を上げる5種のホルモンが分泌されます。
(グルカゴン、コルチゾール、アドレナリン、ノルアドレナリン、成長ホルモン)

これらのホルモンの分泌はグルカゴンでは胃の不快感、アドレナリンでイライラ、ノルアドレナリンは動悸や不安感、冷や汗などの症状が出現することになります。

空腹時の怠さ・疲れや、何のきっかけもなく起こる動悸、不安感、冷汗などを感じる場合は低血糖が起こっている可能性を考えます。

自律神経とは?

自律神経とは私たちの身体の調整を行っている神経システムです。そのため、自律神経が乱れるとさまざまな不調が起こってきます。

交感神経と副交感神経からなる自律神経は、呼吸・循環・消化など、生命維持に欠かせない器官の機能を緻密に調整しています。

簡単にまとめると、緊張しているときやストレスを感じているときなどは交感神経優位、休息しているとき、気持ちが落ち着いているときなどは副交感神経優位となります。

皆さんが一番わかりやすい状態はストレスを受けているときではないでしょうか?

ストレスと首こりの関係

ストレス時は緊張により身体の変化としては血圧、心拍数が上がる一方で、手足など抹消では血管が収縮して血流低下をきたしています。

その結果手足の冷えや筋肉の凝りが出現します。

まさに首こりの状態はこれを反映したものです。

特に心配・不安感などのストレスは首こりを悪化させると言われています。

Is there a relationship between psychological stress or anxiety and chronic nonspecific neck-arm pain in adults? A systematic review and meta-analysis. J Psychosom Res 2016; 90:70-81.

コラム
頭痛の分類
頭痛は首から
片頭痛の起こり方
肩こりと首こりの状態
首こりの要因
首こりとふらつき、めまい
低血糖と低血糖症
低血糖症と自律神経
低血糖症と頭痛、首こり
低血糖症とだるさ/眠気
低血糖症と不眠、不安感、物忘れ
鉄欠乏と自律神経
鉄欠乏について
鉄欠乏と自律神経
鉄欠乏と痛み
むずむず脚症候群と鉄不足
マグネシウム不足と片頭痛
頭痛が女性に多い理由
頭痛とうつ
片頭痛の予防としての食事療法
フードアレルギーと片頭痛

このページの先頭へ戻る